「グルームヘイブン 獅子のあぎと」の感想など

BGGランキングで長期間1位の座にいる「グルームヘイブン」の独立拡張的なスタートセットです。「グルームヘイブン」が無くてもプレイできます。

この記事を書いている現在もBGGランキング1位の歴史的な名作「グルームヘイブン」は、100ものシナリオを協力してプレイするRPGです。グルームヘイブン本体の入門ゲームとして作られたこの「獅子のあぎと」は、面白いけど難解とされているルールを理解しやすいように構成されています。
要するにシナリオ数が25もある壮大なチュートリアル兼外伝のような感じです。ちなみにこの「獅子のあぎと」もBGGランキングで今現在5位で、本家に負けず劣らずたいへん高い評価を受けています。

RPGでネタバレはよろしくなさそうなので画像はモザイク入りにしてあります。

グルームヘイブン 獅子のあぎと
メインボードはバインダーノートで、開けばすぐに用意できる

シナリオの冊子にはシナリオごとにマップやモンスターの配置などが書いてあるので、開けばほぼ用意完了するお手軽さがとても良いです。

シナリオ1から5までがチュートリアルのような導入話で、順にクリアしていけばゲームのルールがばっちり理解できるように作られています。すごく親切。
さらにはスタート前に「このコマとカードは同じ袋に入れておくと便利」などの指示もあるので、準備や片付けにまごつくこともないです。

グルームヘイブン 獅子のあぎと
4人でもそこまで場所を取らずに遊べる

手取り足取り親切丁寧に教えてくれる感じなので、苦労した本家経験者がこぞってお勧めするのもよくわかります。


ネタバレ無しの感想ですが、今のところ4人プレイでまだ全クリアまではしていません。おそらくこのまま飽きたりすることなく全員でクリアまですると思います。とても面白いです。

成長要素があり、経験値やお金をためて次のシナリオへ進むようなRPGを普通に楽しんでいます。「アンドールの伝説」に似ている感じもしますが、「アンドールの伝説」が広い国土を走り回るのに対して「獅子のあぎと」はより狭い戦場を戦い抜く感じです。あちらが戦略級でこちらは戦術級と言う感じかなと思っています。

ただ協力するだけではないのも面白い所です。ゲーム中に拾ったコインはそのプレイヤーだけの所有物ですし、各プレイヤーには成長するための秘密のお題があって、それをクリアするために無茶な行動をしてパーティが壊滅したりします。なかなか一致団結してシナリオクリアに向けて協力、とはいかないように上手く作られています。

おそらくこれをクリアしたら本家「グルームヘイブン」もプレイしたくなっているでしょう。非常に魅力のある協力ゲームです。おすすめです。