もくじ
『アンドールの伝説』の簡単な説明
こんな感じのゲームです
感想など


『アンドールの伝説』の簡単な説明

1~4人用。プレイ時間60分~90分以上。この記事を書いている時点のBGGでは4人プレイがベストとなっています。
ルール難易度は普通。伝説的なファンタジー物語の登場人物としてロールプレイする協力ゲームです。

「アンドールの伝説」でプレイヤー達は英雄的なパーティとなって王国の危機に立ち向かいます。TRPG的なシステムながらインストほぼ無しでいきなり始めることが推奨されている特異なルールと、進行具合によってやるべきことが変化していくのが特徴的なゲームです。

アンドールの伝説

コマやトークンが多種多彩にある

英雄的パーティを組んでロールプレイするRPGなので、1人や2人では寂しいでしょう。役割分担もしっかりできる4人プレイをオススメします。

言語依存あります。完全日本語版をおすすめしますがバージョンがあり、エラッタ修正済み改定版の完全日本語版が出ています。選べるなら改訂版にしましょう。様々な拡張やシリーズも存在しています。間違えやすいので気を付けてください。


こんな感じのゲームです

これはすごく特殊なゲームで、メインボードや個人ボードの準備が済んだらいきなりゲームを始めるように指示されます。
5つある物語の最初の1つがチュートリアルとして機能しているので、物語を進行するとゲームの遊びかたも学べるようになっています。ただし、チュートリアルだからと言って自動的にクリアできるわけではありません。

アンドールの伝説

所持品や戦闘力体力などを管理する個人ボード。表裏で男女を選べる。

ルールの説明がそのままネタバレになるので、雰囲気の紹介だけになりますが
物語カードによってストーリーが進んでいきます。

アンドールの伝説

3シナリオ目の最初の物語カード。裏を読むことでゲームがスタートする

シナリオによって定められた物語のカードがあり、その裏に書かれた内容によって指定された場所へ自分や敵を配置したり、シナリオのクリア目的が提示されます。
最初はA1を読みますが、敵を倒したり1日が経過したりすると語り部コマというものが物語の進行トラックを進んでいきます。

アンドールの伝説

白いコマが語り部コマ。ゲームが進行するとAからNまで進んでいく

白い語り部コマが物語進行トラックをAから上に進んでいきます。途中でタイルや物語カードを読むような指示がある場合、そこで追加のカードを読みます。これによりマップの劇的な変化やクリア目標の変更などが起きて波乱の物語を演出してくれます。


基本的に戦闘はダイスを使うので、振れるダイスの増加や振り直しなどのスキルやアイテムを買ってプレイヤーキャラクターを強化していきます。

アンドールの伝説

敵もダイスで攻撃してくる

敵との戦闘は手番のプレイヤーの左隣のプレイヤーが敵を担当してダイスを振ることで処理します。TRPGのようなシステムを担当するゲームマスターは設定されていませんので、プレイヤーでシステムの役割をこなしていきます。混乱しそうなので物語を読み進める(初回プレイ時にはルールブックも参照する)役には1人担当者を決めた方が良いです。

アンドールの伝説

敵がマップの数字に沿って移動してくる

マップは不定形のマスで区切りがされていて、そこに書いてある数字によって敵がわく場所を指定したり、敵が進む方向が定められたりしています。
人間プレイヤーは1マス移動するごとに1時間が必要で、1日は7時間行動(ホワイト!)できます。ちなみに3時間ほど残業できますが体力を失います。

アンドールの伝説

時間経過トラック。7時間以降は残業になる

これ以上は初回プレイの面白さを削いでしまいそうなので、こんな感じのゲームという事でこのへんで。


感想など

がっつりファンタジーの世界観が最高で、ゲームとしても面白いのですがすごく難しいです。RPGでよくある敵を倒せば倒すだけ装備も金も充実していくようなゲームとは違い、敵を一体倒すと語り部コマが進んでしまい、それによって状況が変化して大量の敵が湧いたりしかねないのです。1日7時間でできることをものすごく計画的に決めて、各プレイヤーで無駄な事をしないように連携を取りつつ臨機応変に対処しなければいけません。拡張を入れて難しくなった「パンデミック」に近いプレイ難易度だと思いました。

アンドールの伝説

3人以上で遊ぶには大きいテーブルが必要

敵を全滅させればいいだけのクエストのはずが、敵を倒すごとに進む語り部コマによって物語が急転直下、途中で目的すら変更するような劇的な展開があるので緻密に考えて立てた当初の計画が崩れてしまいます。そのつど計画に修正をしつつ対応しますが、語り部コマはその間もずんずん先に進んでいくのです。そのうち語り部コマが最大の敵なのではないかと思い始めます。
語り部コマがどこまで進むと何かが起きるというのはダイスでランダムに決まったりするので、これではもう必勝法も攻略法も定まりません。

正直なところ、3人プレイで遊んでいた僕のパーティは3つ目の伝説がクリアできない状態で停滞しています。協力プレイなので難易度が高めなのはわかっていたのですが、クリアできる目途が立たないほどです。かなりの幸運にも恵まれないといけないのか、立ち回りを上手くすればクリアできるのか…。

アンドールの伝説

この黒い敵にボコボコにされる

戦闘がダイスだったり、マップに隠されたアイテム獲得がランダムだったりと運の要素も大きいのですが、その前に戦闘するべきかアイテム拾いに行くべきかの選択が重要です。いま戦うべきか、強化すべきかを1日の7時間を有効利用するためにワイワイ相談しつつ決断していくのです。それでも思い通りにはなかなかいかないものです。シナリオによってはそれぞれのプレイヤーごとに必ずクリアしないといけない仕事を任されるので、一人一人の責任が重大です。皆で大事な品物をバトンリレーで託していくような事もあるかもしれません。そういう燃えるシチュエーションだらけのゲームなのです。

難易度の高さには閉口しますが素晴らしい点も多いです。ルールのインストなしでいきなりプレイに突入できる作りとか、物語展開のドラマチックさは他のゲームではあまり見ない優れたものです。絶望しそうな時に現れる希望もちゃんと用意されてあり、本当にファンタジー世界での冒険を堪能できます。
しかし3人で役割分担しながらというのは厳しかったかもしれません。これはやはり4人で遊ぶべきゲームだと思います。4人パーティでぜひ王国の危機を救ってください。